営業時間
営業時間:9:00~18:00
定休日:土・日・祝祭日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

0466-52-6582

リーダーシップは育てるもの!管理職や個人事業主にコーチングが必要な理由

個人事業主や管理職に求められるリーダーシップ。持って生まれた適性や資質も重要ですが、それ以上に研修や訓練によって、その力を適切に引き出すことが大切です。どんな研修を行ったらいいのかわからない、という時は、コーチングを取り入れた研修を実践してみることをおすすめします。

コーチングとは何か?その定義と目的、管理職育成での必要性

コーチングとは何か?その定義と目的、管理職育成での必要性

コーチングとは、対話を通して相手から様々な行動や考え方の選択肢を引き出すコミュニケーションメソッドです。コーチングを行うことで、相手に新しい気づきをもたらしたり、目標達成に必要な行動を促進するなどの効果が期待できます。よく、ティーチングと混同されがちですが、教える側と教わる側が明確に分かれており、教える側からの一方向のみの指導法であるティーチングとは、根本的に異なります。コーチングでは、コーチする側がコーチを受ける側に対し、何かを強制したり先導したりすることはありません。あくまでも、コーチを受ける側が主体性を持って実現するのがコーチングです。コーチングで重要なのは以下の3原則です。

インタラクティブ(双方向)

上司から部下へなどの一方向で指示を与えるだけでなく、相手の考えや意見を引き出すコミュニケーションです。

オンゴーイング(現在進行形)

コーチングによりパフォーマンスを向上させるためには、継続的にコーチングを続けていくことが重要です。コーチングを受け、実践し、フィードバックを得る、というプロセスを繰り返していくことで、少しずつですが着実に変化します。

テーラーメイド(個別対応)

コーチングは基本的に1対1で行うものです。相手の価値観や考え方、行動パターンを見極め、それに合わせて個別に対応することが必要です。

これらの3原則を念頭に置きながら対話を行うことで、コーチングを行います。

管理職や個人事業主になぜコーチングが必要なのか?

管理職や個人事業主になぜコーチングが必要なのか?

コーチングはマネジメントを行う上で必須のスキルであると言われています。仕事に対する価値観が多様化する昨今、従来のような1対多数の画一的なマネジメントでは、人材育成がままならなくなってきています。これからの時代に必要なのは、個人の創造性や主体性を高めること。個人事業主や管理職など、人の上に立つ立場の人には、それを実現するようなマネジメント力が求められます。その点で、相手の自発的行動を促す手法であるコーチングは、まさに個人事業主や管理職など、マネジメント力が求められる層に不可欠なスキルと言えます。

新入社員や一般社員の育成を効果的に行うためには、その指導にあたる管理職層がしっかりとしたスキルを身につけることが必要です。コーチングを用いて円滑なコミュニケーションを実現することで、職場環境の改善にもつながります。横浜で組織にコーチングの導入を検討されている場合は、コアハート・カレッジにご相談ください。福祉従事者を対象に、スカイプ(テレビ電話)を使用したコーチング、1人から参加可能な合宿でのコーチングなどを行っております。横浜はもちろん、横浜以外の地域へも出張いたします。人材育成のためのビジネス研修やセミナーをお考えでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

横浜でコーチングを取り入れた研修をお考えならコアハート・カレッジ

名称 株式会社コアハート
代表者 塚田 雄司
住所 〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸7-10-10-2
電話番号 0466-52-6582
FAX番号 0466-52-6582
営業時間 9:00~18:00
定休日 土・日・祝祭日
主なサービス 福祉人財育成
URL http://coreheart.jp/

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0466-52-6582
営業時間
9:00~18:00
定休日
土・日・祝祭日